雑紙

感想とか覚え書き

映画館のQRコード読み取りで入場できるのはありがたいのだけど、半券は思い出アイテムでもあるのでちょっと寂しい

タイトルで言いたいことは全て書き切った。

最寄りの映画館でもQRコード入場ができるようになって便利は便利。けれども自分はチケットの半券を保管しておく趣味があるので、それが出来無くなるのは少し寂しい気がするな~と思ってしまう。

チケットの半券は結構いい思い出アイテムになっていて、見返すと当時が思い出されるアルバム的な位置付けになっている。 初めてQRコード入場できることを知ったときは発券の手間が減ることに喜んだけど、思い出アイテムが無くなることは嬉しくないので困ってしまう。

幸いなことに従来通りチケットを発券して入場もできるので、QRコード入場できても初めて観る映画は発券するようにしてみている。 ただしこれだと何度も観た映画の半券がたまっていく体験が無くなってしまうので、自分は結局QRコード入場やらなくなるかもしれないなという気もしている。

初見の映画を観るときはスマートウォッチのストレスレベルが上がり調子なのだけど、2回目に観る映画はストレスレベルが比較的低いかもしれない

普段 Garmin のスマートウォッチを付けていて、それには Body Battery といういう心拍数などからエネルギーをそれっぽく数値化して出してくれる機能がある。

www.garmin.co.jp

Body Battery(ボディバッテリー)は、Garmin独自の機能です。心拍変動、ストレスレベル、睡眠、そして毎日の活動レベルなどを分析し、身体的エネルギーの残量を測定します。数値は5-100 で表示され、そのスコアが大きいほど、その日の活動や運動に費やすことのできるエネルギーが十分にあることを意味します。反対にスコアが低いほど、体力を温存して休息をとる必要性を示します。

基本的に十分な睡眠は充電となり翌朝のスコアは高く、日中や夜にかけて徐々に消耗していきます。高強度な運動は、より早くボディバッテリーを消耗させますが、必ずしも悪いことでもありません。定期的な運動やリカバリーを習慣づけることは、少しずつ身体のスタミナと回復力をつけていくことにもなります。

この Body Battery だが、映画を観ているときはたいていストレス値が高めで下り調子なのだけど、同じ映画を2回目移行観るときはそんなに下がってなさそうなことに気がついた。

いくつか例を上げてみると

映画『ゆるキャン△』の場合

映画『ゆるキャン△』 1回目観賞時のBody Batteryの様子。ストレス値75から始まり観賞終了時には30程度になっている。
映画『ゆるキャン△』 1回目観賞時

映画『ゆるキャン△』 2回目観賞時のBody Batteryの様子。始めはストレス値60程度、直後に20~30程度になっている。
映画『ゆるキャン△』 2回目観賞時

トップガンマーヴェリックの場合

トップガンマーヴェリック 1回目観賞時のBody Batteryの様子。始めはストレス値80程度から始まり、観賞終了までに徐々に下がり、50弱程度下がった。
トップガンマーヴェリック 1回目観賞時

トップガンマーヴェリック 2回目観賞時のBody Batteryの様子。始めはストレス値75程度、中盤までに50弱となり後半は25程度を記録している。
トップガンマーヴェリック 2回目観賞時

映画を観た時間や前後の行動などが違うので比較は難しいが、2回目の方が安定している気がする。 確かに2回目に観るときは1回目では気づけなかった細かい点を探したりすることが多いので、ストーリーを追うのに集中する初見よりはリラックスして観賞しているのかもしれない。

デスク購入を考えていたらAmazonプライムデーのせいで3日間余分に頭を悩ますはめになった

在宅勤務にも使えるデスクを新しく買おうと思っていて、先週ルームズ大正堂で偶然見つけたHOLISというSOHO向けデスクが気に入り購入を検討していた。

ところが月曜日のAmazonプライムデー前日、突然FlexiSpotプライムデーでセールを行う情報が飛び込んできた。 FlexiSpotは昇降デスクで有名なブランドで、一度調べはしたが10万円値段がして高い。そもそもそんなに昇降させることないでしょと思い候補から外していた。

しかしプライムデーのセールで買うと5万円台でFlexiSpotが買えてしまう。HOLISは店舗価格で7,8万円なのでFlexiSpotを買った方が全然安い。

突然舞い込んできたお得情報心を踊らされ、改めてデスクの再検討を開始した。そのせいで約3日間ずっとデスクのことを考えてしまった。

結果としてFlexiSpotは買わずに、新たにコクヨSTANDSIT-Wを候補にしてHOLISの実物を見て判断しようと決めた。 改めて昇降デスクを検討できたのはよかったけど、これのせいで3日ずっとデスクのこと考えていたと思うともったいない気持ちになってきた。

完全にプライムデーに踊らされている状態で滑稽な感じになってしまった。セールは人を惑わすので気をつけたい。

映画『アンチャーテッド』観てきた。ゲームのファンはもちろん初見の人でも楽しめるいい映画だった

映画『アンチャーテッド』を観てきた。タイトルにも書いた通り、アンチャーテッドのことを知らない人からゲームのファンで楽しめる面白い映画になっていてとてもよかった。

自分は原作となったゲームが好きで、アンチャーテッドシリーズのだいたいはプレイしている。 ゲームの実写化となると出来栄えについて身構えることが多いし、実際観るまで不安半分だったが、杞憂だった。

開始からゲームの象徴的なシーンを丁寧に再現している様子を感じ取れたし、何より映画として普通に面白いと思った。

感想についてはこちらの方の記事も是非読んでほしい。感想を書く前に読んでしまったので似かよった内容になってしまって申し訳ないのと、実際この方と同じような感想を持ったので紹介しておく。

nix-51.hatenablog.com

以下基本ネタバレで感想を書いていく。あまりネタバレを気にする映画ではないと思うが、気になる人は観てからで。

数々のゲームを思い出すシーン

原作ゲームを丁寧に再現しているお陰か、プレイしている時の感覚を思い出すシーンが多い。

ネイトがクロエを持ち上げるシーンであのちょっと高い崖や梯子の下に行って持ち上げるアレを思い出す。 ネイトが船のへりを掴んで登るのも、真にあの驚異的な握力で出っ張りを掴んで登るやつじゃん!と勝手に興奮していた。

ネイト役のトム・ホランドの役作りが素晴しいのもそうだが、どうやらアンチャーテッド最終章の「海賊王と最後の秘宝」をプレイしたことがあるらしい。 以下のインタビューの中でもゲーム内の文書を読む動作が好きで、その仕草を再現しようとしたらしい。実際いくつかのシーンで表れている。

www.youtube.com

仕草以外の面でも、例えば映画の冒頭は飛行機のシーンで気絶したネイトが空中で目覚めるところから始まる。 これは2の崖から落ちかけた列車で目覚めるネイトのオマージュだとすぐにわかったし、同時にゲームファンへのサービスはかなり期待できるぞと思った瞬間だった。 映画的にも開始から「うお、マジか」とスリリングな気持ちにさせられる。

他にもいくつもゲームを思い出させるシーンがあり、全体的に原作の再現が丁寧になされていると感じた。

映画としてもよかった

ゲームを思い出させるだけでなく、映画としてもよかったと思う。

飛行機や海賊船のアクションシーンもスリルと迫力があるものになっていたり、謎をサクっと解き進める様子はネイトっぽいし、テンポがいいので観ていて気持ちがいい。

ストーリーは公開前にも言われていた*1が、若きネイサン・ドレイクがトレジャーハンターの道へと進んでいく物語だとしっかり感じられたのがよい。

若さを表現したシーンで好きな部分が、ネクタイを上手く結べないネイトがサリーに結んでもらうシーン。 サリーがネイトに対して父親であったり年長者の友人であるように振る舞うシーンはゲームでも表現されてきたが、一番親子っぽさを感じた描写だった。

全体的によくまとまっていたが、敵の魅力が薄いのはちょっと気になった。 背景は感じられるが、そもそもの描写が少ないせいか特徴を感じられない。そこに物足りなさを感じた。

特に好きな場面

イースターエッグ的にノーティードッグのロゴがチラっと映ったり、ゲームでネイト役をやったノーラン・ノースがカメオ出演するシーンはどうしてもニヤリとする。 ノーラン・ノースが出るシーンではNate's Theme 3.0のメインテーマと言える曲が流れたり、この手のカメオ出演のシーンにありがちなやり取りをしてある意味お決まりのシーンなのだけど、やっぱりいい。

飛行機のシーンは本当によく出来ていたと思う。 積荷から積荷へ飛び移る様子や敵を蹴り落とす様子はハラハラ感を感じさせるし、ゲームのコマンドやQTEが見えるようですごくいい。

場面ではないが、全体的にネイトが積極的に人を殺さないのが面白かった。 ゲームでは「今日だけで何人殺した」とラスボスに言われるほど人を殺しているのでその反動か?とも思ったが、海賊船の上で敵の銃とホルスターを奪いゲームでお馴染のネイサン・ドレイクの姿になった途端にパンパン打ち始めるのでそうでもなさそう。 単に若い頃を描いているから荒事に抵抗があるだけかもしれない。

また飛行機で国を移動する際にインディージョーンズ風の移動描写があったのもよかった。 アンチャーテッドだけでなくトレジャーハンターものの映画としてのリスペクトを感じられて、とてもいいと思う。

吹替かIMAX

この映画はIMAX上映があるのだが、吹替はIMAX上映をやっていないのでどちらを観るか非常に悩ましい。 IMAXの音響と画面、広い画角で見るのは最高の体験だったが、ゲームをやっていた人には吹替の方がネイトの「やべやべやべ」「ああ、マジか」「うわっ やべ!」を聞けるのでお勧め。自分は結局両方観た。

続編があれば観たいシーン

途中に貼ったインタビュー内でも言っていたが、「アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝」のカーチェイスのシーンが観たい。 アンチャーテッドをプレイしていて自分が一番ハラハラするのは、崩れていく床を走り抜けるのと、車から車へ飛び移るカーチェイスのシーンだと思う。

そもそも続編GOが出るかどうかはわからないが、アンチャーテッドの映画化としては最高の出来だったので、是非次回作も期待したいと思う。

2021年の映画以外と2022年

仕事

メインの仕事はあんまパッとしなかったかもしれない。取り組み方とか、テンションの持って行き方に失敗していたような気もする。後半は盛り返そうとしたというか、我武者羅になったが、それだけだとなーとも感じている。

 

私生活

ずっと映画を観に行ってたのは 2021年は映画によく行った年 - 雑紙 に書いた通り。

映画がコロナ禍の娯楽として自分にはマッチしていたのと、エヴァでよく行く週間が出来たからだと思う。

それ以外だとまだ変化に乏しい一年だった。コロナ禍でこもり気味ってのはあるけど、若干コロナを言い訳にしている節はあったと思う。結果として感染症対策にはなっているし世の中的には良いことだけど、変化しなくていい理由にはならんなと思う。

 

2022年やっていきたいこと

ざっくり言うと何か変化したいのだけど、そのためにインプットを増やす・食わず嫌いを減らすをやっていきたい。

仕事の微妙さも私生活の変化の無さもインプット不足や偏り・速度が一つの原因かなと思っている。

インプットの量や速度が少なかったり遅かったりするので良い課題解決の方法を導けない、導くための知識を持っていない。が起こっていそう。また現状を変えるための知識が今の自分の脳味噌だけになっていて、目隠しで地頭勝負みたいになっている。

仕事以外でも、例えば便利グッズ情報収拾やチャレンジをしてないので生活が変化しないみたいなことになっているのではないか。

 

コロナ前よりインプット量が減っている感覚もあって、コロナ前は通勤時間を使って本を読んだりブログを読んだりしていた時間が、通勤しなくなったことで仕事か趣味か睡眠の時間に置き換わっている。年齢のインクリメント+運動習慣不足で活動のための体力が衰えてきているのもありそう。

 

ということでインプット増やしていきたい。

あんまり作戦はないけど阻害するものに意識したい。だいたい年に何度か意識するけど毎回失敗している、続かないってことは失敗要因があるんだと思う。

 

とりあえず年始の意気込みなのでこのくらいで。

2021年は映画によく行った年

今年はよく映画を観に行った年だった。

3月頃にはシン・エヴァを何度も観たし、新型コロナウィルスのワクチンを打った8月移行から徐々に行く回数を増やして10月土日のどちらかはほぼ毎週映画館に行っていた。

隣駅に映画館があるので通いやすいのもある。

 

映画館で観た映画はこれら、計22回9作品観たらしい。個別に感想を書いたものもあるけどそれぞれ。

  • シン・エヴァンゲリオン劇場版 × 6回
  • ガールズ&パンツァー 最終章』第3話 × 2回
    • 今年初めてガルパンに触れて一瞬でハマってしまった。初心者達が勝ち抜いていくTVシリーズ、これまで戦ってきた相手が集合する劇場版、強豪高になって挑まれる側になった最終章、緊張感たっぷりで見逃せない戦車戦、ハマらないわけなかった。4DXが楽しい
  • Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ Licht 名前の無い少女
    • プリズマ☆イリヤ、NSFW描写多いからアレな目で見られやすい面はあるけど、真面目パートのイリヤの真っ直ぐさはとてもいいと思うよ。ドライ!!!の後半は戦闘シーン多いから劇場版だと迫力が出せてよい
  • 竜とそばかすの姫
    • 細田守監督作品だなと思った。曲がよくて耳に残る感じ。
  • プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章 × 3回
    • 1章は短い裏切りのサーカスを観ている気分になり、硬派なスパイ映画でめっちゃいいじゃんと思った。2章は打って変わってスパイアクションになっていて感じでこちらもよい。3章以降の続きが気になる
  • アイの歌声を聴かせて × 6回
  • フラ・フラダンス
    • 福島舞台ってことやスパリゾートハワイアンズの前情報を何も無しに観た。山あり谷ありのドラマが激しい映画じゃないけど落ち着いて1年間を描かかれている様子は結構好きだった。ヒロイン日羽がフラを踊ったときに、日羽の両親が見せたほっとしたような顔のシーンが好き。
  • マトリックス レザレクションズ
    • レザレクションズを観たときに思ったのは、なるほどこういうストーリーになるのかという納得感と、セルフオマージュや過去のマトリックスのシーンがフラッシュバックする編集の面白さ。あと何故かシン・エヴァ観たときと似た感覚を持った。シーンとしてはボットの人間ボムはかなり衝撃的だった。一番面白かったのは頭にあひるのオモチャを乗せて入浴するキアヌ・リーヴスかもしない。
  • 劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト
    • 今年一番圧倒された作品。これはすごいよ。後半のレヴュー5連続で「これ以上はねえ」ってやつを毎回超えてきてて、とにかく圧倒されっぱなしだった。

この後に映画以外の2021年を書こうと思ったけど長くなったのでここまで。

2021年に2回以上観た映画

プリンセス・プリンシパル Crown Handler

回数:第1章・2章 それぞれ3回

pripri-anime.jp

スパイ×スチームパンク物。 アクションに寄りがちかと思ったけど敵との駆け引きの雰囲気が出せていてちゃんと(?)スパイものが出来ている作品。 1章は60分ほぼ全て二重スパイとの駆け引き、みたいな感じだったのに2章は一転して爆弾騒動でスパイアクション物をやっていてギャップもよかった。 3章以降も楽しみ。

ガールズ&パンツァー 劇場版

回数:4回

www.amazon.co.jp

ガルパンにハマっていた時期があって毎週観ていた。TVシリーズで出てきた登場人物が勢揃いするのは劇場版のよいところだなと思う。

ガールズ&パンツァー 最終章第3章

回数:2回 (通常上映 + MD4D上映)

girls-und-panzer-finale.jp

2回だけどガルパン繋がりで。 公開終了間際に行ったので1回しか観れていなかったけれど10月に4D上映をやっていたので2回目を観た。 戦車の戦闘シーンで座席からふっとばされるくらい揺れたのだけど、立川シネマシティの爆音上映はそれ以上に揺れたという感想をきいたので、あの映画館どうなってるんだと思った。

TENET

回数:4回

www.amazon.co.jp

インターステラーを観てクリストファー・ノーラン監督作品にハマった月があってそこで観てた。 この時は異質で、アマプラでレンタルして4日夜連続TENETを観るみたいな週を過していた。 4回目は主人公の相棒ニールとのラストシーンを観るために観た気がする。

アイの歌声を聴かせて

回数:5回

ainouta.jp

予告で自分にはあまり刺さらないかもなーと思いながら観てみるとドハマりした作品。 ロボットやAIが出てくる作品はドラえもんみたいに人間との違いを感じさせないものか本当にただの機械のどちらかの印象だったのだけど、この作品はその間を感じさせる作品だと思った。 とにかくAIのシオンにぐっとくるので観てほしい。

benevolent0505.hatenadiary.com

シン・エヴァンゲリオン劇場版

回数:6回

www.amazon.co.jp

完結してよかったですね。 舞台挨拶やIMAXラスト、上映終了駆け込みなどで回数を重ねた気がする。 これも最後の方は終盤の展開を観るために観ていた。

benevolent0505.hatenadiary.com