読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑紙

感想とか覚え書き

まだあわてるような時間じゃない

有名なセリフです。

まだあわてるような時間じゃない - Google 検索

先週のDentoo.LTの開催直前は少し慌ただしくて、大変だった。

慌ててしまった理由は単純で、準備が思うように進まなかったのが原因で、ようするに準備不足。自分自身の発表準備も出来ていなかったことも相まって、余計に慌ててしまったのかもしれない。

ただ思い返せば、落ち着いて準備を進めれば問題無く進行が出来たのかもしれない。本当は余裕があるのに、その余裕をつぶしてしまっていたのかもしれない。

状況として余裕があっても、心にゆとりがない。だから慌てなくてもいいのに、慌ててしまう。

僕はスラムダンクを読んだことがなくて、このセリフと安西先生のコマくらいしか知らない。だけどこの前のことを振り返ったとき、自然とこのセリフを思い出した。 このセリフは本当に落ち着かせるのに良い言葉で、今の状況を確認して出来る最良のことを考えようというふうになれそうになる言葉だと思う。ので、ことある毎に「まだあわてるような時間じゃない」と言っていきたい。

しかしこの様な状況になる前に出来ることがあるはずで、事前に準備の手順を確認しておけば問題はなかったという話しがある。 ゆとりを持つのは難しくて、どうしたらゆとりが持てるのだろうかといつも考える。しっかりとした事前の準備や過去の経験からゆとりは生まれてくるのだと想像しているけど、これらのことを実践出来ていないので駄目なんだろうと思う。

他にも自分は割と早口になることが多くて、そういうときはたいてい興奮してテンションが上がっているときなので、ゆとりもあまりないときが多い。 LTのときも変な勢いで早口になって、ゆとりがない感じになって良くないなと思う。勢いを上手く使える人はすごく尊敬するけど、自分は一先ず落ち着いた感じのスタイルを目指していきたい。

途中で思い出して心のゆとりのことを書いたから変な文章になってしまった。自分の考えをズバッと文章に書ける人は尊敬するので、そういう人も目指していきたい。